コンテンツへスキップ

プラセンタによる更年期障害への対応方法とは

閉経前後の女性の悩みとして、更年期障害があります。更年期障害が発症するかは個人差がありますが、症状としてはのぼせやイライラ、頭痛、発汗、冷え、不眠など様々あります。ホルモンバランスの変化によって起こるのですが、どれも辛い症状ばかりです。

更年期障害の対処法としてはホルモン注射や漢方薬がメインになっています。しかし近年はプラセンタの摂取が更年期障害の効果があると言われています。

プラセンタとは胎盤のことですが、胎盤は新しい生命を生み出すために豊富な栄養素がたっぷり詰まっています。豊富なアミノ酸やミネラルが詰まっているプラセンタを体内に取り込むことで、更年期障害を軽減することができるのです。

現在のプラセンタの摂取方法としては、皮下注射を行うことが多いです。直接体内に成分を取り入れるので、確実な効果が期待できます。

しかし注射となれば医療機関に出向く必要があるので、時間と手間がかかります。最近はプラセンタが配合されたサプリメントも多数販売されています。毎日プラセンタのサプリを摂取することで、注射と同じく効果を得ることもできます。サプリであればどこかに出向く手間も時間も不要で、毎日継続しやすいのがメリットです。

プラセンタは美容やバストアップとしても効果が期待されている成分です。もしプラセンタを医療機関で皮下注射してもらうのであれば、「美容目的」であれば保険適用外、「更年期障害の対処」なら保険適用となっています。保険適用であれば費用も安くすむのでおすすめです。

一方サプリは薬ではなく、あくまでも健康補助食品としての取り扱いになります。プラセンタ配合のサプリは市販のものでもたくさんありますが、購入前に成分内容をきちんと確認することをおすすめします。

プラセンタと言っても、馬プラセンタなのか、豚プラセンタなのかによっても価格や効果は異なります。一番安全なのはヒト由来のプラセンタですが、市販のサプリメントの場合は動物のプラセンタを使用することが一般的です。

自分に合ったものを選びましょう。