コンテンツへスキップ

更年期障害やアンチエイジングに効果的なプラセンタ

女性の多くが50歳前後に閉経を迎えますが、閉経はある日突然やってくるわけではありません。月経周期が不安定になったり、経血の量が変化したりといった前兆が数年間続き、閉経となるのです。
その数年間は、ホルモンバランスが乱れた状態となります。この影響で、体では様々な不定愁訴が起こります。疲れやすくなったり、眠りにくくなったり、冷え症になったり発汗量が増えたりするのです。これは一般的に、更年期障害と呼ばれています。

ホルモンバランスの乱れが原因ですから、更年期障害の治療はホルモン補充療法によって行われます。女性ホルモンに極めて近い状態に作られたナチュラルホルモンを投与することで、ホルモンバランスを整えるという治療です。
ところがホルモン補充療法には、副作用のリスクがあります。個人差がありますが、女性ホルモンの働きが活発になりすぎて、不正出血や乳房痛が生じることがあるのです。

それが不安という女性の多くが、プラセンタの健康食品を利用しています。プラセンタとは動物の胎盤のことで、これには胎児の細胞の代謝を活発にするアミノ酸や糖質など、様々な栄養素が含まれています。
成人の体にも有効で、摂取すれば体の様々な細胞の働きが良くなります。これにより、疲労回復や血行促進、体温上昇などの効果が出てくるのです。

合成されたホルモン剤と異なり、動物の体内に含まれている栄養分ですから、プラセンタの健康食品には基本的に副作用がありません。体が拒否反応を示すリスクが低いので、安全性が高いのです。
その分効果の出方は緩やかですが、毎日の摂取を続けていれば、更年期障害の苦しみは軽減されやすくなります。

さらに、肌の細胞の働きも活発になることから、美容効果も出てきます。肌のハリがアップしてシワが少なくなったり、頬やバストやヒップのたるみが改善されたりするのです。
こういった効果からも、40代から50代の女性の多くが、健康食品で日々プラセンタを摂取しています。