コンテンツへスキップ

プラセンタを肌に塗ったときに期待できる効果

プラセンタとは英語で胎盤のことで、サプリメントや化粧品などには豚や馬のプラセンタが使用されています。人間の胎盤は医療機関でしか取り扱うことができません。
プラセンタには、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、脂質、糖質、成長因子などが含まれています。これらの成分の働きにより美肌効果が期待できます。
肌の潤いを保つ天然保湿因子は主にアミノ酸で構成されています。プラセンタにはアミノ酸が豊富に含まれているので、天然保湿因子の生成を促して保湿効果が期待できます。
プラセンタは美白有効成分に指定されています。メラニンが生成される際にチロシナーゼという酵素が働くのですが、プラセンタはチロシナーゼの働きを抑えて、メラニンの生成を抑制します。また、抗炎症作用や抗酸化作用もあり、これらの働きによってもシミを予防してくれます。
成長因子には肌の生まれ変わりを促す働きがあります。新しい細胞が正常に作られることで、アンチエイジング効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です